接骨院の交通事故の症状固定前に関するQ&A

接骨院の交通事故の症状固定前に関するQ&A

Q交通事故の症状固定はなんですか?

A

症状固定とは、ケガの程度がそれ以上良くならない状態になったことを言い、主治医が医学的見地から判断します。

Q交通事故の症状固定に判断されたらどうすればよいですか?

A

症状固定と判断されてしまうと、重症であるなど特殊な場合でなければその後の治療費が支払われません

また、実際に早く症状固定と判断されてしまうと軽傷であると誤解され、慰謝料の金額や後遺障害の認定で大きな不利益を受けることがあります。

こうした不利益を避けるために、医師に対して、誤解を与えないように適切に症状を伝えることが重要です。

Qケガの症状が良くなっているのに、症状固定にされそうな時はどうすればよいですか?

A

誤解により実際より早く症状固定と判断されないようにするためには、医師への適切な症状の伝え方や症状固定の考え方について知識が必要ですので、少しでも早く交通事故に詳しい弁護士に相談してください。

また、医師によっても、症状固定についての知識が不十分であったり、まだ改善する見込みがあるにもかかわらず無理に症状固定としたりすることもあるようなので、そのような場合もすぐに交通事故に詳しい弁護士に相談してください。

当院と提携している弁護士法人心では、被害者の方が十分な治療を受けられるようにアドバイスなどを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

※交通事故と症状との因果関係及び治療の必要性・相当性が認められる場合に限ります。

PageTop